• ひだのりかず

時間価値の再認識

先日、妻の一言にハッとしたんです。



「今回のコロナ(ショック)、

歴史に残るよね」



嗚呼、今、我々は

歴史の転換期を生きているんだ。



そうなんですよね。

ほとんど意識していませんが。



生きているという事、

流れる時間の中にいる事、

これは正に

歴史が積み重なっている瞬間を

生きているという事。



語り継がれるものでも

社会の時間に習うものでも

何でもない時間であっても、

それは、これから紡がれる歴史の一部。



そう思うと、今この瞬間が

とても大切な物に感じられませんか?

1秒1秒が歴史に変わっていくんです。




ただ何もしなくても

歴史は「誰か」によって紡がれ、

「あなた」の時間は、

漫然と過ぎていきます。



であればせめて、

自分史にくらい、

しっかりと功績を

刻み込んでいきたいものです。






先日、新入社員研修に

登壇させていただいて、

「タイムマネジメント研修」

を、させていただきました。



このコロナ禍真っ只中の時期なので

受講者は全員オンライン参加です。

現場(スタジオ)には、

私と数名のスタッフさんのみ。



その日は丸一日、

タイムマネジメントに関する話を

させていただきました。

派生した余談も多かったですが^^;

タイムマネジメントを学ぶ理由。
タイムマネジメントの意味。
タイムマネジメントに関するスキル。
タイムマネジメントの弊害になるもの。
タイムマネジメントの効果。


本当に一日話をさせていただく中で、

誰も寝てしまうことなく、

最後まで話を聴いてくださいました。


その日の皆さんの時間を

無駄にさせない内容であったのではないかと

自賛したいと思います。





Time is Money - 時は金なり -

有名な言葉です。



その内容に関しては

5/30のブログ「時は金なり」でも

取り上げていますので

併せてお読みください^^

私が研修で伝えたかった事。

テーマは

「自律」


自分自身でやるべきことを決めて
自身を律し行動していこう。

テーマの自立に関しては

これも以前のブログ

「タイムマネジメント」

書いていますので、以下同文^^;



そしてもう一つ。

時間を無駄にしないために、

自身の「時間単価」

意識する事。





ここからはスマホなどの電卓を

利用しながら読んでみても

面白いかも知れません。



「あなた」の時間価値を 計算してみましょう。 多少強引な概算ですが、 試してみると、意外と 面白いですよ^^

「あなた」の現在の年収、

又は将来的に希望する

年収額を紙に書いてください。



ここでは年収を350万円と仮定します。

この金額は年代によっても異なります。

お好きな額を書いてみてください、



更に、会社は「あなた」に

支払う額以外に、

会社が「あなた」を雇うために

必要な費用が発生します。


社会保険・雇用保険などの各種保険
福利厚生費

ここまでが「あなた」を

雇うための金額です。


ここから会社が「あなた」を

雇い続ける理由の分です。

会社が成長を続けるために必要な資金

加えて今回のコロナショックの様な

危機のためのプール金

これら諸々の額を合計すると、

「あなた」は年収の2倍程度の売り上げを

上げることが理想だと言われます。

もちろん職種によって倍率は変動しますね。



直接売り上げに関わる営業は3倍。

直接売り上げに関わることのない

事務職の方は1.5倍が妥当かも知れません。

社内の役割分担ですね。



今回は2倍で計算してみます。