• ひだのりかず

自分の強みを知る

皆さんは「自分」を

どう捉えていますか?



  1. 私は男性(女性)である。

  2. 私は足が早い。

  3. 私はご飯よりパンが好き。

  4. 私は辛い物好きだ。

  5. 私はパソコンが得意だ。



などなど、人それぞれに異なります。

また100挙げてください、

と言えば時間がかかっても

挙げることが可能です。



自分とはどういう存在なのか、

これを考える事を「自己分析」と言います。

そして得た物を「自己概念」と言います。



皆さんの自己概念には

どんなものが含まれていますか?

100とは言いませんのが、

20個くらいはリストアップできますか?



そんな自己概念を使って

自分の「強み」などを見つけていくことができます。






SWOT分析ってご存じでしょうか?

企業での経営コンサルなどに

よく使われる分析ツールです。



これを自分自身のキャリアや

職業選択の場面などで使えるのです。



Strength … 強み
Weakness … 弱み
Opportunity … 機会
Threat … 脅威

頭文字を並べて

SWOT分析

と言います。


企業と個人はもちろん違うものですが

共通する部分は意外にも多く、

企業の成長戦略や資産管理の考え方は

個人のキャリア形成にも

十分に活かせるのです。



今回はその中でも

SWOT分析の話。



表を見てピンと来た方も

多いかも知れませんが、

先の自己分析を

上の表に当てはめていきます。



何が自分にとっての「強み」

何が「機会」なのか。

何が「弱み」になっていて

何が「脅威」になるのか。



強みは伸ばし、

機会はつかみ取る。

弱みは強みに変えていき

脅威はどう避けるか。



それらを分析することで、

自分の性格傾向や

将来の方向性の一助とする。

それがSWOT分析です。



しかし実際に、

このSWOT分析を行うためには

出来るだけ

「細かく」

かつ

「正直な」

自己分析が

必要になってきます。



実は自己分析は

漫然と「考える」だけでは

なかなか進みません。



最善の方法はやはり

OUTPUTする事。


メモでももちろん良いのですが、

おススメの方法は3つあります。




1.履歴書・職務経歴書を書く

本気でどこかの企業に応募して受かる

その気持ちでで書きましょう。

メモと違ってこれまでの学歴・職歴や

職業経験や、果ては趣味欄など

様々な横目で質問されています。


3.web自己分析ツールを使う

様々就職・転職サイトが

自己分析ツールを提供しています。

会員登録などが必要になる事が

ほとんどですので、

そのあたりが嫌な方にはお勧めできませんが…


ただ私も全てのツールを

試した訳でもありませんので

断言はできませんが、

「就職・転職」に集約した

内容になっているように感じます。

少し偏りがある可能性があります。


3.誰かと話す。

キャリアコンサルタントはもちろん

「信頼できる他者」に

聴いてもらうのは、

皆さんが予想する以上に効果的です。


特に「あなたが想定していない質問」

これを受けた時の内省の時間

独りで考える時間の幾万倍の効果があります。



一度自分自身を見つめなおし、

将来に向けての家事を切るために

「自己分析」と「SWOT分析」を

試してみてはいかがでしょうか。



#キャリア的視点 #SWOT分析 #強み #弱み #脅威 #機械

9回の閲覧
About   MIZUKAra

営業所 :

本社 :

電話 :

​E-mail :

愛知県名古屋市中村区竹橋町16-14

街角キャリアセンター内

愛知県小牧市

052-990-1379

hida@mizukara.online

  • Facebookの社会的なアイコン
  • LINElogo
  • Twitterの社会のアイコン