• ひだのりかず

好きな事を考えてみよう

実は今、髭を伸ばしています。



今までは仕事仕事で

まともに伸ばす機会がなかったので、

興味本位で始めました。



一応、無精髭にはしたくないので、

お手入れはしていますよ。



毛抜きで余計なところにある1本1本を

丁寧に抜いていきます。

…癖になりそう……^^;



さて、髭の話なんかで始まりましたが、

実際は髭の話なんかはどうでも良いのです^^;



私がやりたかったのは、

単に興味。

先にも書きました通り、興味本位です。



とは言えこれまでも

GW・盆・年末年始などの

ちょっと長めの連休には

密かに試していたのです。



しかしなかなか、

これまでのチャレンジは

様々な事情で中断せざるを得ず、

中途半端な中で終わっていました。



しかし今回は…

残念ながらGWが終わっても

まだまだ長い休みが続きます…囧

更に外出自粛で人に会う事もなく…^^;



記録更新を求めて

ちょっと楽しみにしています。



何故に興味があったかと言えば、

単にこれまでちゃんと伸ばしたことが

無かったから。

自分がどんな顔になるのか。

知りたいのはそこですが。






一応、今年で50歳になるおっさんですが、

昔からの性分として

新しい物好きなんです。



自分が興味を持った者には

とことん集中してやりこむ傾向があります。

逆に興味が持てない事には

結構トコトン時間を割かないのです。



パソコンに初めて触れたのは

Windows98SEでしたが、

まさに昼夜を問わず、

寝食を忘れて触っていました。



もともと絵を描くのが好きで

PCのなかでもillustratorを

遊ぶように楽しんだ結果、

その後サインデザイナーとして

就職に繋がりました。



個人的な趣味嗜好が

仕事に繋がった訳です。







ホランドの六角形でいえば

「寝食を忘れて」タイプは

Realistic(現実的興味)」か

「Investigative(研究的興味)」

「Artistic(芸術的興味)」です。



「6つの内の3つ」と言う見方をすると

人類の半分がのめりこみタイプの様にも聞こえますが、

それはもちろん違います^^;

それぞれの一部の方だけですよ^^



ここまでの話で

私の性格を分析すると

「好きな事はとことんやるが、

 飽きると何もしなくなる」

と言うところでしょうか。

…あまり良い性格には聞こえませんね…^^;





さて、ここまでとりとめのない事を書いてきましたが、

何が言いたいかと言えば、

興味は職業を考える上で重要な要素である

という事です。



先にも書きましたが、

私は新しいもの好きが高じた興味で

パソコンの基本的操作を学びました。



その中で絵を描く事が好きで

illustratorを学び、

それが就職に繋がりました。



私自身の「好き」が

私のキャリアに繋がったのです。






私が小さかった頃は、


安定した職業と言えば公務員

公務員になれば人生は勝ち組

好きな事は趣味としてやれば良い


仕事にすると、

失敗などのイヤな事に合うと

好きな事も嫌いになってしまう。


という社会的風潮がありました。

今日と真逆です。



現在では、


好きな事を仕事にできるのは幸せ。

24時間好きな事を考えていられるなんて

愉しくて仕方がない。


イヤな事も成し遂げるためのバネ

乗り越えた時の成功体験がまた