• ひだのりかず

イノベーション

昨日、「改革」という記事を書きましたので

今日はその改革について

もう少しだけ。



と言うのは、

自分がイノベーションを
起こすことだって可能です。

なんて書いた直後に


だってジョブスにだって出来たんですよ^^;

って書いていました。



いやいやジョブズと一緒にしちゃあ

ダメダメでしょう…^^;

なんて声が聞こえてきそうです。



そしてそんな書き方をしてしまいましたが、

実は私も、「スマートフォン」は

ジョブズ氏だからこそ

イノベーションにより生み出せた、

と思っています。



トーマス・エジソンではありませんが、

イノベーションを起こす人は

「実現不可能」

という思考とは無縁のように感じます。

「今はまだその時期じゃあない」

くらいは考えているかも知れませんが。



では、我々一般人は

イノベーションを起こすことは

難しいのでしょうか?





もちろん、そんなことはありません。

イノベーションは誰にだって起こせるのです。



ダイエットに効果的として売れた

かかと無しスリッパは

一般の主婦の方の発明です。



あなたの中にはその素養はあるのです。

私の中にもきっとあるんです。








まず知識として覚えておいて欲しいのが、

「改革=イノベーション」には2種類ある

という話です。



プロダクトイノベーションと

プロセスイノベーションです。

それぞれを簡単に説明します。



まずはスマートフォンに代表される


プロダクトイノベーション

その名の通り「製品に対する改革」です。



先にイノベーションは2種類と書きましたが、

プロダクトイノベーションは

更に2つに分かれます。



持続的に起こるインクリメンタルイノベーション

破壊的に起こるラディカルイノベーションです。





スマートフォンの場合を例に挙げると

iPhoneはラディカルイノベーションです。



iPhoneは破壊的に既存の概念を

ぶち破りました。

それまでの携帯をガラケーと呼ばせ、

淘汰にまで追いやろうとしているのです。



そしてiPhone3Gs以降の後継機シリーズや

android携帯、Windowsフォンなどにみられる追随品は

全てインクリメンタルイノベーションです。

持続的に細かい機能追加で

イノベーションを続けるのです。



別の視点として

スマートフォンはプロダクトイノベーションの中でも

電話と言う意味では後発技術になります。

パソコンとしても後発機器です。

携帯音楽プレーヤーとしても同様でしょう。



しかしスマートフォンの場合

それまでになかった概念で

全てを一つにまとめた

新しい製品を生み出したのです。



そしてそれが社会を変えました。

他の会社も追随し、市場をも変えてしまいました。

それまでスタンダードであった製品は

廃れていきます。

製品のライフサイクルです。



いずれはスマートフォンも

また新たなプロダクトイノベーションによって

消えていくのでしょう。



あと10年内にはホログラム投影を使用した

ポータブル3Dフォンが

登場してほしい物ですね。



プロセスイノベーション

プロダクトイノベーションが

製品自体に対する

イノベーションだったのに対し、

こちらはその「生産工程に対する改革」です。



スマートフォンを生産する工程の中で

それまで手作業で行っていた作業を

機械化して生産性の向上につなげる。



別の例としては流通面でも見られます。



それまで製造元から販売元に至る過程で

当たり前に卸業者が入っていました。

その卸業者を入れず、

製造元から直接販売元が買い付けることで

中間マージンを削減し安く販売する。



これもプロセスイノベーションです。





プロダクトイノベーションと

プロセスイノベーション。

共通しているのは

既存の概念を超えた発想です。



現状を当たり前と捉えず、

改善を求める視点。



そう考えると不平や不満は

イノベーションの種なのだと思います。



「○○を◆◆にしたらもっと楽なのに」

私たちが毎日のように発している

この言葉こそがイノベーションの種なのです。



だったらやはり、

私たちにだってイノベーションは起こせます。

起こせないはずがないんです。



そしてそのカギは主体性にあります。

次回はその主体性に関して

触れてみたいと思います。




#キャリア的視点 #イノベーション #プロダクト #プロセス #主体性

14回の閲覧
About   MIZUKAra

営業所 :

本社 :

電話 :

​E-mail :

愛知県名古屋市中村区竹橋町16-14

街角キャリアセンター内

愛知県小牧市

052-990-1379

hida@mizukara.online

  • Facebookの社会的なアイコン
  • LINElogo
  • Twitterの社会のアイコン