• ひだのりかず

改革

つい5日前、5月17日(日)に書いた記事

「働き方の変革1」

で書いていたのですが、



そのうちCovid-19ワクチン開発で
先の業種が資金援助などを
行うかもしれませんね。


と書いたら、

5/21(木)に流れてきたニュースで

パナソニック社が大阪府に

2億円の寄付をされましたね。



どうも、預言者・肥田です。


もちろんパナソニック社は

別に世界初の寄付企業でもありません。



たまたま今読んでいる本が、

松下幸之助氏(述)の本でした。

何この偶然!?



もちろんただの偶然です。






しかしながら、

すでに多くの企業さんが

寄付、またはその準備をしていると思います。



たまたま私が目にしたのが

パナソニック社のニュースだった、

と言うだけの話。







このまま様々な研究所で

ワクチン開発の研究が進んで

早く「新型コロナウイルス」を

「7番目のコロナウイルス」に

して欲しいですね。



皆さん、ご存じだと思いますので

あまり細かくは書きませんが、

本来コロナウイルスと言うのは

常在菌として現在6種類が確認されています。



ただの7種類目の常在菌になって

ただの風邪菌になって欲しいと思います。







新しく誕生したものが

既存の概念を破壊し

新しい時代を改革する。



これまでスタンダード(当たり前)だったことが

スタンダードではなくなり、

新しく到来した技術やアイデアが

従来品にとって代わる。



そしてその新しい技術も

時の経過とともに

スタンダードになる。



これをイノベーションと言います。



新型コロナウイルスがイノベーション、

という意味ではもちろんありません。

念のため。



しかし先のイノベーションの話、

皆さんは身近な事例はご存じですか?



例えばスマートフォンが

最もわかりやすい物ではないでしょうか。



①それまでは電話と言えば

 家にありました。

 デザインは様々ですが、

 家からは持ち出せません。



②外で電話をしたいので、

 公衆電話が誕生しました。



③ポケットベルが発売され、

 徐々に簡単な文章であれば

 伝達することができるようになりました。



④携帯電話に時は移り、

 一人に1台の電話を持つようになりました。

 これにより公衆電話がなくなりました。



⑤そしてスマートフォンです。

 携帯できるパソコンの印象で、

 かつタッチパネルの採用で

 画期的で扱いやすいのが、

 市民権を得る要因だったかも知れません。


 いまやポケットベルのサービスが終了し、

 携帯電話もほぼなくなりつつあります。




時代は移り変わり

それまでのスタンダードが

新しいスタンダード

とって代わられる。



私たちは当然のように

自分の生活に受け入れて

自分自身を変化させて

生き続けています。



自分がイノベーションを

起こすことだって可能です。



だってジョブスにだって出来たんですよ^^;

あなたが第2のジョブズにだって

成れる可能性は十分にあります。

あなたの中にはその素養はあるのです。



変化を恐れない。



例えば進学。

例えば転職。

例えばコロナショック



しっかりと自分の核を以って

みんなで力を合わせて

乗り切っていきましょう。



#キャリア的視点 #イノベーション #変化

24回の閲覧
About   MIZUKAra

営業所 :

本社 :

電話 :

​E-mail :

愛知県名古屋市中村区竹橋町16-14

街角キャリアセンター内

愛知県小牧市

052-990-1379

hida@mizukara.online

  • Facebookの社会的なアイコン
  • LINElogo
  • Twitterの社会のアイコン