• ひだのりかず

キャリアコンサルタントにできる事

緊急事態宣言、

発令されましたね。

東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県

大阪府・兵庫県・福岡県の

7都府県に対して。



一時期問題になっていた北海道や

感染者数でも2位などにいた愛知県は

外されていました。



これに対し、

愛知県名古屋市の河村市長は

強く危機感を抱き

「愛知県にも緊急事態宣言を」と

訴えているようですが…


果たして追加されるのでしょうか。



条件付きで一家につき30万円の

経済政策に関しても

様々な見解が飛び交っていますね。



何より「世帯主の給与の減収に対し」

為されること。



男女雇用均等法等が謳われて久しいのに

家庭ではなんだかんだで

男性が世帯主と言う家庭が多いのは事実。



しかし、また同時に共働きの家庭も多く、

家庭の収入として奥さんの給与も

あてにされている訳です。



その奥さんが、

子供が休校で世話をする必要が出て

会社を休業して給与が減収になった時に…



世帯主ではない、この場合は奥さんの

給与に対する保障が無いという事は

その家庭においては

大ダメージになってしまう訳です。








しかしそれでも

もっと大変な事態が

じわじわと首を絞めているのです。






倒産。


もともと大企業に比べて体力のない

中小企業に多いのですが、

売上が低迷していたところに

コロナショックによる追い打ちが

襲ってきたわけです。



政府主導により

200万円の助成金が出るとはいえ、

やはりそれでも赤字が消えることは

かなり難しいでしょう。



今はまだぎりぎり持ちこたえている

そんな企業さんも多いと思いますが、

コロナショックの影響が

いつまで続くのか、

回復にどれだけかかるのか、によって

命運は分かれてくると思われます。



企業の規模により

従業員の人数は異なりますので

一概に計算はできませんが、

1社あたり平均30人の従業員がいると

仮定した場合に、10社倒産すれば、

300家族の生活に影響します。



これは長期的に捉えた場合、

個人個人のキャリアに

大きな影響を及ぼす事にもなります。



こうした転機の乗り越え方は

昨日のブログでも触れていますので

併せてご覧いただきたいのですが、

私もキャリアコンサルタントとして

「落ち着いていてはいけない」

「待っていてはいけない」、と

気を引き締める思いです。



もちろん倒産だけが

キャリアの問題になると

いう訳ではありません。



今まさに

「キャリアコンサルタントを知らない人達」が

キャリアコンサルティングを必要としているのです。



私もキャリアコンサルタントとして、

何ができるのかを考え、

実行に移す必要を感じています。



#キャリア的視点 #緊急事態宣言 #キャリアコンサルタント #転機の乗り越え方 #倒産 #生活に影響

127回の閲覧
About   MIZUKAra

営業所 :

本社 :

電話 :

​E-mail :

愛知県名古屋市中村区竹橋町16-14

街角キャリアセンター内

愛知県小牧市

052-990-1379

hida@mizukara.online

  • Facebookの社会的なアイコン
  • LINElogo
  • Twitterの社会のアイコン