• ひだのりかず

イノベーションを起こす方法

イノベーション。

この言葉を聞いたことのある人は

非常に多いと思います。



イノベーションとは…

一般的な認識としては

「改革」「革命的」

等が多いのではないでしょうか。



イノベーションとは…

新しい財貨の生産」

新しい生産方法の導入」

新しい販売先の開拓」

新しい供給源の獲得」

新しい組織の実現」

これらの一つ一つが

イノベーションであるという。



いずれにしてもイノベーションとは、

これまでにない全く新しい概念の元に生み出されるもの

であるらしいのです。







これまでにない全く新しい概念

って言われても困ってしまいますね^^;



でも皆さんは知っています。

新しい概念で作られた、

イノベーションによって生み出された

数々の物を。



一番身近なツールで言えば、

スマートフォンがわかりやすいのではないでしょうか?



通信機器の歴史は

まず「狼煙」から始まりました。

それが文字や紙の発明により

 「手紙」に変わり、


ベルやエジソンの努力により

 声を届ける「電話」になりました。



それが時代の変革に合わせ、

次々と変容を果たす中で、

常に新しい物を取り込み

貪欲に変化をしてきました。



これまでの常識を覆し、

ユーザーに新しい常識を

プレゼンテーションするのです。



その結果、

新しい商品で市場を席巻し

他の追随を許さず、

ついにはディファクトスタンダード(※1)となるのです。

※1:事実上の標準



市場の中でトップになってしまえば

チャレンジャー・ニッチャー・フォロワーの各企業が

どんなに頑張っても

市場の利益のほとんどは

あなた方が独占に近い状態にできるのです!







って言われても困ってしまいますよね^^;

新しい概念って言われても…



市場独占の蜜がどんなに甘くても

正直スマホレベルのイノベーションは

そうそう簡単には起こりません。



でももっとミニマムな

もっと身近なイノベーションなら

何とかなるのではないでしょうか。








何とかなりますかね?

今のままで。



今のままでは何ともならないでしょう。

残念ながら。



そうです、今のままでは

イノベーションを起こすことは

非常に困難だと思います。

なので現在の状態からまず変化させましょう。





方法はざっくり3ステップです。


①雰囲気作り

人材の登用

責任の所在





ひとつづつ説明しますね^^



①まずは社内の雰囲気から変えていきましょう。


  チームビルディングの一環として

  キャリアコンサルタントがお手伝いできます。


  御社の大切な人材を

 真の意味で活用するための組織作り

  これが基礎になります。


  慣習的な物を良しとし、

  革新的な物を「前例がない」として

   排除するのをやめましょう。


  これは現場から変わるのは

  非常にパワーが必要です。

  できれば経営陣が範を示すべきですね。


  よく「自由な発想を」と言いますが、

  足枷の付いた状態は自由とは言いません。


  多様性を誇り、

  少数意見を受け入れる風土


  第一歩です。

  




②業務に差支えのない範囲での人事異動を


  残念ながら今いる従業員では

  新しい発想が得られないと思ったのなら、

  社内プロジェクトなどを発足し、

  その際にメンバーは

  公募をかけるという手が使えます。


  要するに「その部署の常識」に

  捕らわれない人材の登用です。