• ひだのりかず

「私」と言う物語

私は高校を卒業してから上京し、

役者を志して勉強をしていた時期があります。



その中でも19歳からの2年間は

それまで運動系の部活動などを

全くやってこなかった私は

集中して体をいじめた時期でした。



体幹を正す姿勢強制

腹筋拝金などの無酸素筋力トレーニング

吉祥寺から新宿までを、自転車通学で有酸素運動

腹式呼吸から圧制練習、

方言矯正や滑舌トレーニング



学校のプログラム+アルファで

ある程度の自主性を持って

活動していました。



まだキャリア開発などと言う

言葉も概念も知らない時期です。

コーチング的な話も良く分からず、

でも明確な目標を持って

行動していた時期でもあると思います。



どうも私は浮気性だったようで、

目標が次から次へと変わってしまった事もあり、

結果は全部が中途半端になってしまい、

毛㏍は役者になれぬままに

東京を離れることになったのですが…^^;




そんな学生時代の

方だをいじめていた時期の話です。



専門学校の地区別授業で

殺陣の時間があったのですが、

外部講師として来ていただいていた

剣友会の方にはいろいろと教わりました。





長男だから! 漫画からの考察

という記事にも書いていたように、

息子が鬼滅の刃の真似遊びをする中で、

安全な剣の振り方を教えていますが、

専門学校時代に殺陣を学んでいたおかげです^^;



学んだのは剣の振り方だけではありません。

バック転やバク宙、前宙や側宙

ロンダートからの連続技なども

体得しています。



最近は筋トレをさぼっていますので、

やれと言われても怖くてとてもできませんが、

昔は出来たんですよ~^^;



余談ですが、私が体操好きなのも

個々に起因します。

体操ニッポン2020、楽しみにしていたんですが^^;



どうもその当時に

やってしまっていた様なのです。




「仙骨のあたりに

 疲労骨折の跡がある」

…全く自覚ありませんが……囧

加えて

「腰椎の軟骨が

 つぶれてますよ」

……Oh! My God!!

しかし言われてみれば学生の頃、

突然の腰痛に身動きできなくなり、

携帯電話が全く普及していない当時、

電話まで腕の力だけで床を這い

近所に積む友人に

助けを求めた記憶があります(※)が、

ひょっとしたらその時に…?

 ※病院には行っていません。



心当たりが出てきてしまいました^^;



※注:私のレントゲン写真ではありません。




うむ! じゃあ仕方ない!


私自身は当時の事を

未練はあっても後悔はしていません!


知らなかったとはいえ

自分が選択肢行動した結果です。


そのケガも含めて

今の自分を形作っている

大切な私の経歴です。

私にとってのキャリアのひとつです。






過去に起きた事実は変えられない。

しかし、過去の事実の意味は変えられる



私にとってその過去の事実は

今振り返った時にどのような意味を持つのか?
それを紡いでどんな未来にしていきたいのか?

ナラティブアプローチの考え方です。



人生を小説として捉え、

小説をハッピーエンドにするために

経験の意味付けを行い

未来に紡ぎます。



過去を受け入れ、消化し

意味づけを行う事で、

未来への伏線にするのです。



あの時あの経験があったから、

今、私は○○していられる。





キャリアと言うと

主に仕事関連のイメージを持たれると思います。



実際、厚労省のキャリコンの定義などを観ても、